共感的理解

共感的理解。それがテーマのほんがあるねんなあ。

これって難しいむんなあ。

自己と他者を理解するときのことまで本になってるねんなあ。

これはやはり学問なんや。

スキルとして覚えておかんといかんことなんやなあ。

おいらの囚われた発想ではなくて

ちゃんともう1回復習せんといかんのかも。

まあ経験上からボクは他者を見ているけれども

だから相手も同じやと思っている。

自分の範疇でしか他人様を語れないと・・・。

しかし学問としてある以上は復習しとかんといかんねんやろう。

幸い古いヘルパーの本を持ってきているから

見直すことは可能なんやなあ。

こんなんでてました。  ↓


ソーシャルブレインズ―自己と他者を認知する脳
東京大学出版会
開 一夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント