「路上のソリスト」

映画「路上のソリスト」

統合失調症のホームレスと記者とのなんかやねん。

まだ見てないねんけれども

外国ではどのようなんかが見れるかも・・・。

いっぺんみてください。


ビューティフル・マインド [DVD]
角川エンタテインメント
2008-10-17

ユーザレビュー:
表現がオーバーのよう ...
奥さんと友達がね。感 ...
うつ病を患っている者 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




この映画は統合失調症のストーリーの中では

珍しくハッピーエンドのストーリーで、

実話を基に作られています。

いま世の中にある基本的な制度の元を考えた人ですが

ノーベル賞ももらっています。

そしてかなりリアルですが、

ボクの場合は幻覚までは見えなかったからなあ。

まあ幻聴とは戦いましたが、

最近では聴こえてきても穏やかです。

幻聴も眠りと起きている状態との境目でしか聴こえへんから

まあええねんけど、だいぶ楽になった。

音に敏感のダンボール状態だと

まあ、疲れているのかなあって感じかな。

そん時はよく寝るようにしています。

って言うかよく眠れます。

さてと、今日は余裕があるかなあ。

心の余裕や遊びって大事やね。

広さも大事やけど、まあ完全にボ~ッとしとるときは

すっごい心広くなってるで。

あせってると心狭くなるなあ。

ゆとりないときとか、相対的なもんですわな。

心が狭いときはあまり活動せんほうが良いみたい。

だいたいわかるわ。

疲れてるかなにかやからその上に活動したら

あかんねん。一息つくくらいの余裕がないと

普通の人のように緩急入れられへんみたいやから

昔は寝ていても駅の名前聴こえたら起きるくらい

緩急つけれてんけどなあ。

まあぼちぼちと・・・・。

この記事へのコメント