日本経済よ~わからん・行く末はどうなるのん?

金融がこのところ実体経済の足を引っ張ってるように見えますが
実とのところうなんでしょうか?
ここは読みにくい日経新聞を読んで勉強をしてはいかがでしょうか。
普通の新聞でもじゅうぶん勉強はできますよ。何新聞でもそれなりのことは書いてある。
しかし経済にクローズアップすると専門はここです。
そして読み方が難しい。経済学部の学生さんの教科書代わりに使われます。
この政策で将来をシュミレーションしなさいと課題がくるんですな。

渋井真帆の日経新聞読みこなし隊
日本経済新聞社
渋井 真帆
ユーザレビュー:
経済を理解する視点が ...
ただの広告塔?この本 ...
日経新聞が驚くほどお ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


経済学の基礎がわからんといかんけどそんなのは関係ない。
お金に関する基礎がわかれば後は想像力でみんなの心理を考えればよいんです。
小難しい言葉が多いですが要はお金に関する考え方を学習する新聞です。
解説書・読み方書が出てるみたいなので一読してください。
ビジネスマンには必携です。
景気の雲行きも怪しい、株は決算まで見据えた方がよいのか。
円高は中長期的な流れであるなら会社が変わらないといけないのでは?
日本の消費態度はどうなのか?
政治は大転換のときではないのか?
昔から言われてきた日本の構造問題です。
小泉首相はやらなかった。やると思ったけど…。
目先の景気対策だけでじゅうぶんなのか?
これって『失われた十年』と同じでは?
日本経済・企業輸出主導体質・すべてに関して大転換が必要なのでは?
内需外需比を変えないといかんのでは?
いろいろ悩ます問題が日本経済に覆っています。
まずは学習を日本経済あ新聞でしたいが
読み方が難しいからこれ買ってより理解を深めましょうね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック